屋上・ベランダの防水工事

防水工事
防水工事とは、マンション・戸建て住宅のベランダやビルの屋上、外階段などに防水塗装やシーリング等を施工する工事です。
雨漏りの原因の多くは適切な防水工事が建物に施されず雨水が建物内に入り込んでしまうケースが多く見られます。

このような事態を未然に防ぐために、プロによる的確な防水工事をお勧めします。ベランダ、外階段、屋上の検査・調査を含め、定期的なメンテナンスもご相談ください。

さまざまな防水方法

防水性のあるシートを張る、または液状の防水材等を塗るいずれかの方法になります。

防水方法 主な用途
シート防水 防水性のあるシート(ゴム、 塩化ビニール)を防水する箇所に張り、重ねていく 一般的な住宅の陸屋根や屋上
ウレタン防水 ウレタン樹脂を液状にしたものを塗布し、防水膜を形成する 一般的な住宅の陸屋根や屋上
FRP防水 プラスチックをガラス繊維などに含浸させた複合材料 一般的なお住まいのベランダやバルコニー
アスファルト防水 アスファルトをコーティングしたり、含ませたシートを重ねていく 大型ビルやマンションなどの広い陸屋根や屋上
◆防水セルフチェック◆防水工事のタイミング
防水の劣化は住居環境や経年により多様な状態が見られます。まずはセルフチェックを行いましょう。
以下のような症状が当てはまったら、一度当社にご相談ください。

排水不良
水を貯めるように造られてはいませんので、溜まってしまうとさまざまなな部分に悪影響を及ぼします。
建物内に漏れ出した場合、雨漏りの他、各部の腐食・劣化を起こします。
表面の浮きや波打ち
主にシート防水で見られる病状です。表面に変化がなくても、踏むと変形したりする場合はその下の防水シートが弱まっています。
ひび割れや裂け
防水シートや防水層にひび割れや裂けが発生すると、雨水がその下へと浸入します。
植物の繁殖
アスファルトやコンクリートから目を出す草花を見れば分かるように、植物の芽や根は非常に強く、コンクリートをも破壊して伸長していきます。
表面や外壁、防水層を破壊するだけでなく、躯体そのものを損壊させてしまうことも。
表面の荒れ・色褪せ
防水層を保護している表面の保護機能が低下してきた証拠です。
このままでは防水層に直接、紫外線があたるため、劣化が早くなります。
表面の傷
表面だけでなく、防水層にも傷がつき、防水シートなどが破れているケースもあります。
歩行や風雨による磨耗、強風による飛来物などが原因です。
重い植木鉢を倒したり、引きずったりした場合にも起こりえます。傷の大きさと深さによって、補修方法が異なります。

FAX:097-560-8002


お問い合わせはこちら